宮島水中花火大会2018の日程・穴場スポットと周辺ホテルについて

広島
スポンサーリンク

宮島水中花火大会」は、広島県の宮島で開催される花火大会です。

水中花火に多くの尺玉が使われ、打ち上げ花火や水中花火が炸裂すると、
大鳥居がシルエットのように浮かび上がるところが見どころです。

約5000発の花火が打ち上げられます。

宮島水中花火大会の日程・アクセス・駐車場と有料席について

開催日:2018年8月25日(土)
開催時間:19:30~20:30
(小雨決行で荒天時は9/1に延期)
場所:嚴島神社 大鳥居沖合いの海上

会場へのアクセスは、
JR宮島口駅から徒歩6分 宮島口桟橋から船で宮島港行10分 終点下船すぐ
広島港から宮島港行瀬戸内シーラインで23分
となっています。

駐車場はありません

有料席は、
1席5000円
となっています。

穴場スポットについて

・大鳥居前の干潟

大鳥居の前にある干潟は、大鳥居越しの花火が見れるベストスポットです。
ただ、足場がぬかるんでいる上、潮の満ち引きによっては見ることができない、
という問題があります。

・清盛神社

船着き場から距離があるため、あまり混雑しないスポットです。

・宮島水族館

この水族館の裏に防波堤があるのですが、そこが花火スポットとなっています。

・ちゅーピーパーク

少し距離がありますが、見下ろす形で花火が見えます。

・宮島競艇場

当日は駐車場や施設の一部が無料開放されます。
駅からも近いので移動には便利です。

・ガスト安芸宮島店

海側の席が確保できれば食事をしながら花火が見れます。
また駐車場からも花火が見れます。

・フジグランナタリー

ここの屋上駐車場から花火がよく見えます。

周辺ホテルについて

・聚景荘
宮島を見下ろすことができる高台にある旅館です。

>>詳細はこちら

その他、厳島神社周辺に多くのホテルや旅館があります。

>>周辺ホテルを探す

スポンサーリンク