熱海海上花火大会2018の日程と見えるホテル・穴場スポットについて

静岡

熱海海上花火大会」は、静岡県の熱海湾で開催される花火大会です。

各日のフィナーレを飾る大空中ナイアガラが見どころです。

熱海海上花火大会の日程・アクセス

2018年の開催日は、
4月14日(土)、22日(日)、
5月12日(土)、27日(日)、
6月3日(日)、17日(日)、
7月27日(金)、31日(火)、
8月5日(日)、8日(水)、19日(日)、24日(金)、30日(木)、
9月17日(月)
12月9日(日)、16日(日)
となっています。

開催時間:20:20~20:45(7〜8月開催日は20:50まで)
場所:熱海港海釣り施設

会場へのアクセスは
JR熱海駅から徒歩20分
です。

駐車場はありません

また、有料席が用意されていて、
エアークッション付1名で900円です。(各日1300席)

セブンイレブンで発売されます。
また観光協会窓口でも各日100席分が販売されます。

当日券があり、1000円(各日300席)となっています。

スポンサードリンク

穴場スポットは?

・熱海サンレモ公園

熱海湾のすぐそばにある公園です。
打ち上げ場所から近いため花火がよく見えます。

・熱海城

花火大会の当日は営業時間を延長してくれます。
(入城料金は1000円)

・マリンスパ熱海

熱海湾に面している施設で、施設内から花火を見ることができます。

花火が見えるホテルについて

・やすらぎの宿 みのや
打上会場の目の前にある旅館です。
全室オーシャンビューなので花火を見るには最適です。

>>詳細はこちら

・月の栖 熱海聚楽ホテル
熱海駅徒歩3分の高台にあります。
海側の部屋で花火が見えます。

>>詳細はこちら

・ホテル貫一
全室オーシャンビューで花火を見ることができます。
花火プランもあります。

>>詳細はこちら

・ホテル大野屋
花火を目の前で見ることができます。
花火大会の日限定の素泊まりプランもあります。

>>詳細はこちら

・熱海玉の湯ホテル
大スターマインや大空中ナイアガラを部屋から見ることができます。

>>詳細はこちら

部屋によっては見えない、見えにくい場合もあるので、
事前に確認しておいてください。

スポンサードリンク