みなとこうべ海上花火大会2018の宿泊ホテルと穴場について

兵庫

みなとこうべ海上花火大会」は、兵庫県神戸市で開催される花火大会です。

尺玉やスターマイン、仕掛け花火が海と一体化した演出が見どころです。

約1万発の花火が打ち上げられます。

みなとこうべ海上花火大会の日程とアクセスについて

開催日:2018年8月4日(土)
開催時間:19:30~20:30
(小雨決行で荒天時は中止)
場所:神戸港(新港突堤沖海上)

会場へのアクセスは、
JR三ノ宮駅、阪急電鉄・阪神電鉄神戸三宮駅から徒歩20分
となっています。

ただ、JR神戸駅や神戸高速鉄道高速神戸駅からのほうが近いと思います。
(ただし時間によっては駅の出入口が一部制限されることがあります)

なお、駐車場はありません。
(周辺駐車場も使えなくなるところがあります)

周辺道路は交通規制されるため、
車でもアクセスは難しいと思います。

有料席が用意されていて、
イス自由席が1席3100円
となっています。

販売は6月下旬の予定です。
当日券もあります。

スポンサードリンク

穴場スポットは?

・ポーアイしおさい公園

神戸ポートタワーや神戸モザイクなどの夜景とともに花火を楽しめるスポットです。

・ポートアイランド北公園

あまり広くありませんが、花火が見えやすいスポットです。

・新港第2突堤北側
ポートライナーのポートターミナル駅の近くにあります。
パンフレットなどに書かれていないため、
知っている人しかこないスポットです。

・六甲山展望台

距離がだいぶ離れますが、高い位置にあるため、
花火はよく見えます。

・布引ハーブ園

六甲山展望台と同じ高さにあります。

周辺ホテルについて

・メリケンパークオリエンタルホテル
花火を一番近くで見ることができるホテルです。
花火が見える部屋はすぐに予約でいっぱいになりますが、
花火が見えない部屋でも特別花火鑑賞席が用意されるプランがあります。

>>詳細はこちら

・ホテルオークラ神戸
駅から近いところにあるホテルです。
ビアガーデン、レストランでの観覧席が予約できます。

>>詳細はこちら

・ポートピアホテル
花火と夜景が楽しめるホテルです。
花火宿泊プランが用意されています。

>>詳細はこちら

スポンサードリンク