海の日名古屋みなと祭花火大会2018の日程・穴場スポットについて

愛知
スポンサーリンク

海の日 名古屋みなと祭花火大会」は、愛知県名古屋市で開催される花火大会です。

「海の日名古屋みなと祭」のラストを飾る花火大会です。
10号玉をはじめとした大玉連発や、芸術性豊かな創作スターマインなど
約3000発の花火が打ち上げられます。

海の日名古屋みなと祭花火大会の日程・アクセスと有料席について

開催日:2018年7月16日(月)
開催時間:19:30~20:20
場所:名古屋港ガーデンふ頭一帯

会場へのアクセスは、
名古屋市営地下鉄名古屋港駅すぐ
名古屋市営地下鉄築地口駅から徒歩約10分
あおなみ線稲永駅から徒歩約30分
です。

駐車場はありません
また、当日は会場周辺で交通規制があります。

有料席はありません。

穴場スポットについて

・荒子川公園

高い建物がないので花火がきれいに見えます。
公園内にはトイレもあるので、子連れの方には便利。

・水族館南側緑地

水族館の西側から回り込んで行く場所のため、意外と知られていない穴場スポットです。
芝生の上で鑑賞できます。

・中の島川緑地沿い

金城埠頭線沿いにある公園です。
穴場スポットは敷地内ではなく、
領地東側の端にある階段を上がった緑地沿いの道路がおすすめ。

・港陽公園

地元の人が見にくるというちょっとした穴場です。

・ガーデンふ頭2号岸壁
普段は入れないが、大会当日の17時から開放されます。

周辺ホテルについて

すぐ近くにはあまりホテルはありませんが、少し離れた場所にホテルがいくつかあります。
また、交通の便もいいため、別の場所にホテルを予約しておいてもいいでしょう。

>>周辺のホテルを探す

スポンサーリンク