東海まつり花火大会2018の日程・駐車場と周辺ホテル情報

愛知
スポンサーリンク

東海まつり花火大会」は、愛知県で開催される花火大会です。

特徴としては、打ち上げ場所と観覧席が近いことで、ダイナミックな花火を楽しむことができます。
スターマインや大乱玉がオープニング直後から続々と打ち上げられ、後半からフィナーレにかけては、大スターマインが登場します。

東海まつり花火大会の日程・アクセス・駐車場について

開催日時:2018年8月11日(土)
開催時間:19:20~20:30
(小雨決行で荒天時は翌日に延期)
場所:愛知県東海市 / 中央町大池公園内

会場へのアクセスは、
電車の場合、
名鉄太田川駅または新日鉄前駅から徒歩15分
車の場合、
知多半島道大府東海ICから北西へ車で20分
となっています。

駐車場は、無料駐車場・臨時駐車場あわせて1700台分あります。
(平洲中学校、平洲小学校、明倫小学校、大田小学校が臨時駐車場になります)

なお、有料席はありません。

東海まつり花火大会の穴場スポット

大池公園内

打ち上げ場所になる大池公園ですが、南側は11時から立ち入り禁止になりますが、
野球場近くにある展望台はオススメスポットとなっています。

大田川河川敷

打ち上げ場所の近くにあります。
人があまりいないため、ゆっくり花火を鑑賞できます。

ただ、座ってみることができないので立ち見になります。

アピタ東海荒尾店 屋上駐車場

近くにあるアピタの屋上です。

食べ物やトイレの心配がいらないのがいい点です。
ただ、場所取りは朝から行われるそうなので、場所取りできないと厳しいかもしれません。

しあわせの村の山の傾斜

打ち上げ場所からは少し場所のですが、人が少ないのでゆっくり花火を鑑賞できます。

ただ、上で挙げたアピタの建物が少し邪魔になります。

施設内には温浴施設があったりするので、花火以外でも楽しむことができます。

屋台の出店について

例年、大池公園の北側の通りに約1kmにわたって屋台が出店されます。
この区間は16:30~22:00頃まで歩行者天国になっています。

周辺ホテルについて

打ち上げ場所の周辺にはいくつかホテルがあります。

>>周辺ホテルを探す

スポンサーリンク