片貝まつり花火大会2018の日程・駐車場・穴場スポットとホテルについて

新潟

片貝まつり花火大会」は、新潟県小千谷市片貝町で開催される花火大会です。

世界最大とされる4尺玉や尺玉入りスターマインなどが見どころです。

約1万5000発の花火が打ち上げられます。

片貝まつり花火大会の日程・アクセス・駐車場と有料席について

開催日:2017年9月9日(土)〜10日(日)
開催時間:19:30~22:20
(雨天決行で荒天時は未定)
場所:片貝町浅原神社裏手

会場へのアクセスは、
電車の場合、
JR小千谷駅から片貝経由長岡行バスに乗り20分 ニ之町下車徒歩10分
JR長岡駅から片貝経由小千谷行バスに乗り30分 五ノ町下車徒歩10分
車の場合、
関越道小千谷ICから車で10分
関越道長岡ICから車で20分
です。

駐車場は、無料・有料駐車場など3200台分あります。(1日2000円)

無料駐車場は、
・イオン小千谷店(約900台)
・市総合体育館(約300台)
・白山運動公園(約500台)
・株式会社第一測範製作所(17時以降)(約200台)
・越後製菓株式会社小千谷工場(17時以降)(約300台)
・造成地(約100台)
・長岡市越路体育館(約230台)
・JA越後さんとうこしじ中央支店(約100台)
・片貝スポーツセンター駐車場(約50台)
・市道稲葉水沢線五之町八島線(300m)(約60台)
・片貝バイパス駐車場(約700台)

有料駐車場は、
・ゆう企画(約20台)
・越後製菓株式会社西片貝工場(約40台)
・浅田精機株式会社(約100台)
・株式会社フーゲツ(約30台)
・JA片貝車両センター(約20台)
・共栄農工社株式会社(約50台)
・越後製菓株式会社沼田工場(約30台)
・越後製菓株式会社片貝工場(17時以降)(約50台)
・有限会社デンキのあだち(約15台)
となっています。

詳細はこちら

また、駐車場から有料シャトルバスが運行されます。(片道300円)

有料席も用意されていて、
桟敷席(8名)が3万円(マス席、2日通し券)
となっています。

当日券はありません。

スポンサードリンク

穴場スポットは?

・片貝スポーツセンター

花火大会の無料駐車場としても開放されています。
この駐車場でも花火が見れます。

・越後製菓 片貝工場

花火大会の有料駐車場となっています。
当日は工場の屋上を開放してくれるため、花火を正面から見ることができます。

・片貝小学校

打ち上げ場所に近いスポットです。

周辺ホテル情報

打ち上げ場所周辺にはホテルがほとんどありません。

駅前にもあまりないため、他の便利な駅の近くで予約するのがおすすめです。

>>周辺ホテルを探す

スポンサードリンク