天神祭花火大会2018の見えるホテルと穴場スポットについて

大阪

天神祭花火大会」は、日本三大祭りの一つである
天神祭」の最後に開催される花火大会です。(天神祭奉納花火)

天神様にちなんだ梅鉢の形に開く紅梅というオリジナル花火や、
文字の仕掛け花火などユニークな花火が見どころ。

約5000発の花火が打ち上げられます。

天神祭奉納花火の日程・アクセス・駐車場について

開催日:2018年7月25日(水)
開催時間:19:30~20:50
(荒天時は中止)
場所:川崎公園・桜之宮公園

会場へのアクセスは、
JR桜ノ宮駅西口から桜之宮公園沿いを南へ徒歩2分
京阪鉄道・大阪市営地下鉄天満橋駅から徒歩5分
です。

駐車場はありません

有料席が用意されていて、
テーブル指定席が5000円
砂浜自由席が3500円
となっています。

スポンサードリンク

穴場スポットは?

・源八橋

会場の近くにあります。
花火がよく見えますが少し混雑します。

・都島橋

打ち上げ場所から少し距離がありますが、
花火は見えます。

・桜之宮公園

当日は屋台なども出店しています。
打ち上げ場所から近く人気のスポットです。

・大阪城北詰駅
開始30分前であってもそれほど混雑しないスポットです。
ただし駅周辺には飲食店や屋台などはありません。
帰りも混雑しないスポットです。

花火が見えるホテル情報

・帝国ホテル大阪
打ち上げ場所の正面にあるホテルです。

毎年、部屋から花火を見ることができる宿泊プランや、
レストランでも天神祭特別メニューなどが用意されます。

>>詳細はこちら

・大阪リバーサイドホテル
駅から近く、花火会場にも近いホテル。
天神祭満喫プランが用意されています。

>>詳細はこちら

・ヒルトン大阪
打ち上げ会場から少し距離はありますが、
高層階なら花火が見えます。
花火を鑑賞するプランも用意されています。

>>詳細はこちら

・ホテル大阪ベイタワー
高層階の部屋から花火が見えます。
花火を見るためのプランも用意されています。

>>詳細はこちら

・大阪キャッスルホテル
駅から近いホテルです。
打ち上げ場所から少し距離がありますが、
花火は見えます。
花火鑑賞宿泊プランも用意されています。

>>詳細はこちら

・ホテルモントレ ラ・スール大阪
打ち上げ場所から少し距離がありますが、
部屋から花火を見ることができます。
花火大会の特別なプランも用意されています。

>>詳細はこちら

スポンサードリンク