関門海峡花火大会2018の日程・穴場スポットと周辺ホテルについて

山口

関門海峡花火大会」は、福岡県北九州市の門司と山口県の下関の両岸で
合同開催される花火大会です。

門司では大玉の連発音楽花火、
下関では尺5寸の大玉打ち上げ、水中花火などが見どころです。

両会場あわせて約1万3000発の花火が打ち上げられます。

関門海峡花火大会の日程・アクセス・駐車場・有料席について

開催日:2018年8月13日(月)
開催時間:19:50~20:40
(小雨決行で荒天時は中止)
場所:関門海峡

会場へのアクセスは、
下関側がJR下関駅から徒歩で約15分
門司側がJR門司港駅から徒歩5分
です。

駐車場はありません

有料席も用意されていて、
特別協賛席(5名):1万2000円
環境整備協力席B席(1名):500円
となっています。

一般販売は6月1日から開始です。
詳細はこちら

スポンサードリンク

穴場スポットは?

・風師山

ここの展望台から開門海峡が一望できます。
花火もよく見えます。

・和布刈公園

打ち上げ場所から少し距離がありますが、
花火は見えます。
門司側も下関側も両方の花火が見えるスポットです。

・火の山公園

少し距離がある公園ですが、花火がよく見えるスポットです。

<ここからお金がかかります>
・海峡ゆめタワー

タワーなので花火が一望できます。

・門司港レトロ展望室

「レトロハイマート」というマンションの31階にあります。
有料ですが、かなり見晴らしのいいスポットです。

・巌流島

船で移動する必要がありますが、
花火がよく見えるスポットです。

・海響館

花火会場方面がガラス張りになっているため、
花火がよく見えるスポットになっています。

周辺ホテルについて

・ホテルルートイン門司港
打ち上げ場所から一番近いところにあります。

>>詳細はこちら

周辺ホテルは、花火大会当日はすぐに予約でいっぱいなるようです。
予約できない場合は少し離れた小倉辺りのホテルも人気のようです。

>>周辺ホテルを探す

スポンサードリンク