葛飾納涼花火大会2018の日程・穴場・有料席と周辺ホテルについて

東京

葛飾納涼花火大会」は、東京都葛飾区で開催される花火大会です。

日本最古の花火「和火」や恒例の大空中ナイアガラなどが見どころです。

約1万3000発の花火が、全7ステージで構成され60分ほどで打ち上げられます。

葛飾納涼花火大会の日程・アクセス・有料席について

開催日:2018年7月24日(火)
開催時間:19:20~20:20
(荒天時は翌日に順延)
場所:葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷)

会場へのアクセスは、
京成電鉄柴又駅から徒歩10分
北総鉄道新柴又駅から徒歩15分
JR金町駅または京成電鉄金町駅から徒歩20分
となっています。

駐車場はありません

有料席が用意されていて、
2人マス席:5000円
4人マス席:6000円
ベンチ席:6000円
となっています。

チケットぴあで販売されます。

スポンサードリンク

穴場スポットは?

・江戸川河川敷

葛飾区の花火大会ですが、江戸川の対岸は千葉県松戸市になります。
松戸市側の河川敷は比較的混雑しません。
出店があったりトイレも用意されるので、花火を見るのに問題はありません。

・新葛飾橋

国道6号線にある橋です。
打ち上げ場所に比較的近いため、花火がよく見えます。

・松戸矢切高校跡地

千葉県松戸市にある廃校になった跡地です。
打ち上げ場所の正面になるため花火がよく見えます。

周辺ホテルについて

打ち上げ場所周辺にはホテルはほとんどありません。
また、最寄り駅周辺にもないようです。

千葉県側の松戸駅周辺か、東京都内のホテルの予約がおすすめです。

>>詳細はこちら

スポンサードリンク