隅田川花火大会2018の花火が見えるホテルと穴場スポットについて

東京

隅田川花火大会」は、東京都の隅田川の2つの会場で開催される花火大会です。
江戸時代中期に始まった歴史ある花火大会です。

第一会場では計200発の花火コンクール玉を含む約9350発の花火が、
第二会場ではスターマインなど約1万650発の花火が打ち上げられます。

隅田川花火大会の日程・アクセス・駐車場と有料席について

開催日:2018年7月28日(土)
開催時間:19:00~20:30
(小雨決行で荒天時は翌日に順延)
場所:桜橋下流~言問橋上流(第一会場)、駒形橋下流~厩橋上流(第二会場)

会場へのアクセスは、
第一会場へは
東武鉄道・東京メトロ・都営地下鉄浅草駅から徒歩15分
第二会場へは
東武鉄道・東京メトロ・都営地下鉄浅草駅または都営地下鉄蔵前駅から徒歩5分
です。

駐車場はありません

有料席が用意されていて、
市民協賛:墨田区側両国親水テラスが1口6000円(1口で1人招待)
台東リバーサイドスポーツセンター野球場が1口7500円(1口で5人以内を招待)
台東リバーサイドスポーツセンター少年野球場が1口7500円(1口で5人以内を招待)
となっています。
(詳細はこちら

また、
・スカイツリー
・花やしき遊園地
・浅草ビューホテル
・両国第一ホテル
などでも有料観覧席があります。

スポンサードリンク

隅田川花火大会の穴場スポット

・水戸街道

国道6号線の水戸街道は当日歩行者天国になるので、
そこが両方の会場の花火が見えるスポットになっています。
近くにファミリーマートがあります。

・銅像堀公園

近くに高い建物がなく見晴らしがいいため花火がよく見えます。

・汐入公園

打ち上げ会場から少し離れますが、
ここの土手から花火を見ることができます。

・コモディイイダ東向島店

ここの屋上駐車場で花火が見えます。
当日は開放してくれるのですが、先着300名となっています。
(ポイントカードへの加入など条件あり)

・タワーホール船堀

会場からは少し距離がありますが、ここの展望塔から花火が見えます。
(入場料無料)

花火が見えるホテルと周辺ホテル情報

・浅草ビューホテル
両方の会場の花火を見ることができます。
花火とディナーが同時に楽しめる「隅田川花火観覧宿泊プラン」が用意されます。
(人気のため予約は抽選になります)

>>詳細はこちら

・両国第一ホテル
こちらのホテルも隅田川花火大会特別宿泊プランが発売されています。

>>詳細はこちら

その他は浅草駅周辺に多くのホテルがあります。

>>周辺ホテルを探す

スポンサードリンク