諏訪湖花火大会2018の見えるホテル・宿泊施設と穴場スポット情報

長野

諏訪湖花火大会」は、長野県諏訪市で開催される花火大会です。

プログラムは2部で構成され、
1部は尺玉の早打ちとスターマインなど競技花火
2部は水上スターマインや、約2kmの「大ナイヤガラ」などが見どころです。

約4万発の花火が打ち上げられます。

諏訪湖花火大会の日程・アクセス・駐車場と有料席について

開催日:2018年8月15日(水)
開催時間:19:00~(予定)
(雨天決行)
場所:諏訪市湖畔公園前諏訪湖上

会場へのアクセスは、
電車の場合、
JR上諏訪駅西口から徒歩8分
車の場合、
中央道諏訪ICから車で15分
です。

駐車場は、無料・有料・臨時駐車場などあわせて5070台分あります。
(ヨットハーバー駐車場(1台3000円)、すわっこランド・諏訪湖スタジアム(1台1000円)など)
(詳細はこちら

また、当日は会場周辺で交通規制があります。(15:00~23:00の予定)

有料席も用意されていて、
有料自由席が大人1名3000円、子供1名1500円
です。
(詳細はこちら

スポンサードリンク

穴場スポットについて

・立石公園

高台にある公園で、花火がよく見えるスポットです。
ただ、人気のスポットなので場所取りが必要です。

・SUWAガラスの里

会場から距離はありますが、比較的混雑しません。
諏訪湖SAの近くにあります。

・高ボッチ高原

会場からかなり離れますが、花火はよく見えるスポットです。

花火が見えるホテルと周辺ホテルについて

・ホテル紅や
花火大会会場のすぐ近くにあるホテルです。
ここの屋上から花火がよく見えます。
有料で開放していることもあるようです。

>>詳細はこちら

・上諏訪温泉 RAKO華乃井ホテル

諏訪湖が一望できるホテルです。
天空露天風呂などの温泉が楽しめます。

・上諏訪温泉 かけ流し源泉の宿

宿名にもあるようにかけ流し源泉が特徴の温泉旅館です。

・ホテル鷺乃湯
諏訪湖で歴史ある温泉宿です。
天然のかけ流し温泉などが楽しめます。

>>詳細はこちら

その他、温泉地のため、周辺には多くのホテルがあります。

>>周辺ホテルを探す

スポンサードリンク